WEB広告 マーケティング

しょうもない(魅力のない)商品に広告をかけてもムダ

投稿日:

広告を出しても反応が薄い。
そんな経験はありませんか?

 

広告の出し方や、内容、時期が悪かったかもしれません。
そこで、集客を勉強し、コピーライティングやWEB広告のテクニックを学んで改善を試みます。

 

でも、その前に見直してもらいたいことがあります。
それは、提供商品です。

 

 

魅力がない商品にいくら広告テクニックを駆使しても費用のムダ

商品自体に魅力が無いと、いくら広告を出しても良い反応は得られません。
多少、広告にテクニックを加えたところで、改善にも限界があります。
商品が売れないことを広告の責任にしてはいけません。

 

それよりも、魅力的な商品にすることが良い結果に導く一番の手段です。
本当に良い商品であれば、広告のテクニックなど使わなくても、広告で知らせるだけで顧客が集まります。

 

広告の改善よりも商品の改善を優先

「どのような広告を打つか」
ではなく

 

「顧客に満足頂ける商品を追い続ける」
ことが大切です。

 

「広告運用テクニックが不要」になるような魅力的な商品になるよう改善改良を繰り返すことが重要です。
長く続いている企業は、いつも良い商品を追い求めています。

 

個人起業家であっても、顧客が満足する商品を追求しなければなりません。

-WEB広告, マーケティング
-, ,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.