マインドセット 起業

モチベーションを上げて仕事の効率を良くする方法

更新日:

高いモチベーションがあれば、仕事がはかどり、ビジネスが上手くいくと思いませんか?逆に、低いモチベーションではやる気も起こらず、全くはかどらないケースもあるかと思います。

 

モチベーションをコントロールできたら早く成果を得ることができます。そして、無駄な時間や労力を使わずに済みます。ではどのようにモチベーションをコントロールするのか、簡単な方法を解説しておきます。

 

モチベーションをコントロールするにはまず自分を理解する

どのような時にモチベーションは上がりますか?
これは人それぞれですが、上がる要因があるはずです。

また、下がる要因も知っておく必要があります。

 

モチベーションをコントロールするためにも、何で上がるのか、または下がるのかをしっかり理解しておきましょう。

もし、下がる要因が理解できれば、重要な商談や会議、集中して仕事に取り組まなければならない時の前には、下がる要因となるような事象が起こらないように工夫しなければなりません。

例えば、モチベーションが下がる要因として、仕事の前に朝の育児に負われるとイライラしてその後の仕事にも影響するのであれば、その要因が発生しないように努めなければなりません。

できるだけ早起きをして、前もって準備をしておく事で、子供の朝ご飯や保育園の登園もスムーズにできます。
このようにして、できるだけモチベーションが下がる要因を前もって発生しないようにしましょう。

 

モチベーションが上がる要因を意図的に作る

次にモチベーションが上がる要因を理解することで、同じような状況を意図的に作り出しましょう。
スポーツ選手がよく行っているので、その光景を見た事はあると思いますが、試合前に好きな音楽を聞いて集中したり、自分に語りかけるように何度も同じフレーズを唱えたりと、上手くいく時の状態を作り出すのです。

ビジネスの現場に置いても、会議やセミナーをする前に好きな成功者のフレーズを読んだり、自分のミッション、ビジョンを確認することで、モチベーションを上げることもできます。

 

まとめ

必ず自分のモチベーションが上がることを行うことです。他人が行っていることを真似しても、それは他人がモチベーションが上がる行動ですので、必ず自分もマッチする訳ではありません。自分自身を理解した上で、上がる要因、下がる要因を理解しておくことで、事前に対処することができます。

 

関連記事

集中力をコントロールして仕事の成果を2倍にする方法

-マインドセット, 起業
-, ,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.