セールス マインドセット

成約率よりも成約数が重要なワケ

更新日:

イチロー選手はかつて、このような話しをしていました。
「打率よりもヒットの数」

 

10打数3安打で打率3.33。
野球選手でこのような打率はとても優秀です。

 

僕は打率を見て、
「この選手はよく打ってるな!凄い!」
と関心していましたが、イチロー選手は数が重要と話しをしていたのです。

 

打率も良いイチロー選手ですが、ついに世界1位のヒット数を放ち話題になっていることはみなさんご承知でしょう。

 

一方で、生涯打率の順位は見た事がありません。(打席数の関係もあります)
打率よりも、ヒットの数が重要は、セールスでも同じ事です。

 

特に起業初期のセールスは成約率よりも成約数

成約率を上げるために、テクニックを学び努力することはとても重要です。
しかし、セールスも数を取らなければなりません。

 

1ヶ月6件の成約と10件の成約と比べてみます。
1件あたり80万円の案件なら、480万円と800万円で320万円も差が出ます。

 

率直にあなたは、どちらが良いですか?
成約率は前者の方が良いとしても、やはり10件の成約を評価すべきです。

 

なぜなら、売上差が320万円もあり、多く行動したからと言えます。

 

特に起業初期は、成約率が低くて当然です。それよりも、沢山セールスをして数を販売したほうが、売上に直結します。
また、多くセールスしている内に慣れてきますので成約率も後に上がってきます。

 

机上でテクニックを学ぶのではなく、実践で学んだほうが数も取れる上に、成約率も向上していきます。

 

「成約率が低いからセールスに自信が無い」
から、行動できないと嘆くのではなく

 

「セールスを数多くこなして数をとる」
ことを重要視して下さい。

-セールス, マインドセット
-, ,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.