起業

本当にやりたいことが見つかる簡単な質問

投稿日:

「特にやりたい事がない」

「何をしたらよいかわからない」

 

 

起業をしたいけど、自分が何をしたいのかわからない方から、このような質問がよくあります。

幾つかやりたい事をみつける方法はありますが、今日は自分でできる簡単な方法を1つお伝えします。

 

子どものころの夢を思い出す

子どものころの夢はなんでしたか?

幼稚園、小学校、中学校、高校と夢は変わっていった人もいると思いますが、もちろん変わっていってもOKです。

一度思い出して書き出してみて下さい。

 

ナゼ子どもの頃の夢を書き出すのか

子どもの頃の夢は特に制限なく描いています。

しかし、大人になるにつれて、色々制限があり、いつのまにか自由な発想ができなくなります。

 

「こんな夢を持っていたら恥ずかしい」
「叶うはずがないから、夢を持つのはやめておこう」
「もっと現実的なことを考えよう」
「自分にできることは何かなー」

 

このように、考えてしまうと、大人になって結局何がしたいのかが分からなくなります。
そこで、何も制限がなかった子どもの頃の夢を思い出して下さい。

 

ヒント なぜそうなりたかったかを思い出して下さい

子どものころの夢なので、そこまで考えたことがないかもしれませんが、ナゼそうなりたかったのかを思い出して下さい。

以外とそこには本質が隠れています。

 

獣医になりたい=動物を助けたい、動物を愛する人を助けたい、小さい命を守りたい、役に立ちたい

プロ野球選手になりたい=人に感動を与えたい、認められる存在になりたい、稼ぎたい、影響を与える存在になりたい、信頼される存在になりたい

 

など、なりたかった理由をいくつか書き出してみると、本質が隠れています。

 

本質が見えたら、それを元にやりたいことを見つける

なんとなく、本質が見えましたか?
必ず断定できるものがすぐに見つかるとは限りませんが、それを元に本当に今の自分は何がしたいのかを考えてみて下さい。

 

もちろん、以下のような制限は外して下さいね。

「こんな夢を持っていたら恥ずかしい」
「叶うはずがないから、夢を持つのはやめておこう」
「もっと現実的なことを考えよう」
「自分にできることは何かなー」

 

とにかく自由に発想して、何がしたいのかをじっくり考えてみましょう。もちろん、正解不正解なんてありませんので、何個出しても大丈夫。気軽にトライして下さい。

 

 

-起業
-,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.