起業

集中力をコントロールして仕事の成果を2倍にする方法

2017/12/19

syutyu
集中力がなくて、仕事がはかどらない。
そんな事はありませんか?
  • 集中したくても、周りがうるさくてできない。
  • なんとか明日までに間に合わせないといけない案件なので、残業するが集中できない。
  • 集中しても、短時間できれてしまう。
  • 他の誘惑にまけてしまう。

 

僕も集中したくても、子供がいるとできないし、
つい、FacebookやTwitterなどSNSを覗いてしまい、気がそれてしまう事があります。
集中力が自由にコントロールできたら、仕事の時間も短時間で済み、他の時間にあてる事ができます。

 

また、仕事の質も向上するでしょう。
今回は集中力をコントロールする具体的な方法をお伝えします。

 

集中力をコントロールする具体的な方法

早起きして集中できる時間を取る

まだまだ静かな時間帯の朝の5時に起きて、誰にも邪魔されない環境を確保する事で、集中ができます。

もちろん最初は眠気がありますが、習慣化されれば、問題はありません。むしろ、自分で時間をしっかり確保できた事が自信にも繋がるでしょう。

 

脳は疲れないが飽きる事を認識する

仕事に集中して疲れは無いとしても、飽きがきます。
仕事の合間に休憩を取るかと思いますが、体を休めるよりは、集中力を休めると良いでしょう。
具体的には、休憩中は散歩などして脳を休ませまましょう。
仕事でPC作業をしているなら、休憩中はPC操作やスマホは控えた方が良いでしょう。

非効率な残業をさける

集中しやすい時間は午前中と言われています。
夕方以降は、疲れもでてきて集中しづらくなる事は、皆さん経験済みでしょう。
夕方以降の残業は集中しづらいのは当然です。
この悪循環を改善する事が必用になります。

 

残業しない方法としては、夜に予定を入れてしまういう強行手段もあります。
夜に予定があるなら、仕事の時間に何としてでも終わらせたくなります。

 

集中することを諦める

集中力が持続しない事がわかっているなら、無理にしない方法です。
集中しづらい時間が分かっているなら、コントロールできるはずです。

14時頃に眠気がくる時は、数分でも良いので寝てしまう事もOK。

仕事の手を抜いてはいけませんが、集中するポイント、そうでないポイントなどの判断ができると、より仕事が効率よくできます。

 

すべての仕事を自分で行なわず、周りに振り分ける

一人ビジネスをしている方は、どうしてもすべての仕事を自分でこなしてしまいがちです。
重要なところでは無い雑務や、苦手な所は、ビジネスパートナーなどに依頼すると良いでしょう。

 

会社の場合も、上司がうまく仕事量をコントロールする必用があります。
もし、手が一杯の人に仕事を回すと、仕事の成果が悪くなります。
スタッフの管理が重要になります。

 

まとめ

集中力は長く続くものでは無いと理解しておく。
集中できる時間や環境を準備しておく。
仕事の成果のためにも、仕事を抱えすぎないように、適切に振り分ける。

 

関連記事

モチベーションを上げて仕事の効率を良くする方法

-起業