新次元セールスメソッド無料メールセミナー2回目

こんにちは!清水です。
今日はメールセミナー2回目をお届けします。

 

1回目をまだ見ていない方は以下よりご覧下さい。

新次元セールスメソッド無料メールセミナー1回目
この度は「新次元セールスメソッド無料メールセミナー」に申し込み頂き、誠にありがとうございます。 全6回に分けてメールにて配信をさせて頂きます。 僕の事を知らない方がほとんどだと思いますので、自己紹介が必要かと思いますが、

 

本日のテーマは、、、、

 

ビジネスに「魂、情熱」が必要な理由

ビジネスはこれがあれば上手くいきます。
ビジネス以外でも人間はこれです。

 

僕のブログのトップイメージにも記載していますが、人間の全ての行動は内側(魂、情熱、想い)から始まります。

 

思考 → 行動 → 結果 です。

 

よくありがちなことですが、良い結果を得るために、「行動」(テクニック、やり方)を求めてしまいます。

 

しかし、「行動」の前に「思考」があるのでそのいくら「行動」部分を学んでも、ビジネスにとってよくない「思考」をしていては、「行動」ができません。

 

例えを出すと、
新入社員のA君、B君に同じ研修で営業のやり方(行動)を教えたのに、1年後には大きな差が出てしまいました。A君は社内トップの成績。一方、B君の成績は最下位レベル。

 

同じ研修で同じやり方(行動)を教えているのに、成果に大きな差が出たのは、まさしく「思考」なのです。

 

成績がよかったA君の「思考」としては

  • 商品が素晴らしいと思っている。この商品を使ってもらうことで、お客様に喜んでもらえると本気で考えている。
  • 会社の社風、経営理念に共感している。
  • 上司の人柄が好きで尊敬している。
  • 営業のチームを大切にしている。

 

 

一方、成績が伸びないB君は

  • あまり商品の良さを感じていない。他社の商品に負けていると思っている。
  • 会社の社風と合わない。なんとなくで入社した。
  • 上司のことが嫌いだ。
  • 営業のチームに合わない人がいて、対立している。辞めたいと思っている。

 

 

同じやり方を教えても、「思考」が異なるだけで、営業の行動部分には大きな影響が出てしまいます。

 

A君は、どんどん前向きな姿勢で、お客様のために積極的な提案が出たり、説明にも熱が入ったり、チームで上手くいくための行動が自ずとうまれてきます。

 

しかし、B君は積極的な姿勢からはほど遠く、お客様にもある程度の案内しかできません。なぜなら、B君には上手くいく要素がスコトーマ(盲点)の影響で見えなくなっているのです。

 

スコトーマに関しては以下の記事を参考にして下さい。

見えない力をビジネスに活かすシリーズ4【脳科学】を引き寄せに使う
前回は量子力学から「引き寄せ」、「思考は現実化する」をお伝えしましたが、今回は脳科学です。 頭を柔らかくして読んで下さいね。 まず、脳科学から見ても、あなたの今の現実はあなたの潜在意識が作りだしたものです。

 

 

A君も、B君も研修で学んだやり方で、営業をしますが、A君のケースでは、自然とお客様に対してさ更に、売れる提案が出てきたり、上手くいかなかったとしても、改善していく意欲、モチベーションが思考から出てくるのです。

 

 

B君は、その逆で、売れない思考を持っているので、研修で学んだ行動ができていなかったり、やってみたけど、上手くいかなければすぐに諦めたり、改善をしていかないと、営業が上手くいかず、最終的には運や環境のせいにしてしまうこともあります。

 

「僕が営業に行くと優良なお客様に出会えないんだ!A君は運が良いな。」なんて愚痴が飛んでいるかもしれません。

 

 

思考が重要であることはマザーテレサもこのように言っています

全ては思考から始まり、行動になり、習慣にもなり、正確にもなる。そして運命になる。

 

行動や性格、運命を変えたければ、「思考」を整えることが最重要なんです。
「行動」から変えるのではなく、「思考」から変える!

 

 

他にもこのような本が流行りました。

「思考」によって現実が作られて行く。「思考」によって物事が引き寄せられる。

よってその「思考」と同じく内側にある「魂や情熱」からの行動こそがビジネスにとって大きな鍵を握ります。

 

 

「行動」は「感情」によりコントロールされる

人を動かすには「感情」に訴えかけると良いよ。
なんて話を聞いたことはないでしょうか。

 

購買行動の際も、確かに感情が鍵となります。
衝動買いは「感情」の影響が大きいでしょう。

 

ではその「感情」はどこからくるのでしょうか。

 

それは、先ほど説明した内側の部分です。

図では「信念」としていますが、魂、情熱、想いなどの思考部分と捉えて下さい。

 

例えば、平均台があったとします。
20メートル歩くことで、1,000万円プレゼントします!

 

そんな企画があれば、チャレンジしませんか?
僕なら、たった20メートル平均台を歩くだけならチャレンジします。

 

上記の表に当てはめると、

信念(思考)=平均台20メートル歩くなんて簡単。
感情=そんな簡単なことで賞金が貰えるなんてラッキー。
行動=平均台20メートル歩く
結果=1,000万円ゲット!

 

 

しかし、以下のような場合はどうでしょうか?

 

平均台20メートル歩いたら1,000万円プレゼントします!ただし、世界一高いビル828mにある平均台です。

 

信念(思考)=通常なら平均台20メートル歩くことはできる。でも828mから落ちたら帰らぬ人に。その可能性があるなら賞金なんていらないよ!
感情=恐怖心でいっぱい。冷や汗がでる。
行動=20メートルの平均台を歩くだけのはずが、恐怖で動けない。足がすくむ。
結果=歩くことができず1,000万円ゲットならず。

 

普段ならできる幅20センチの平均台が恐怖により歩けなくなるのです。「感情」が「行動」を妨げたのです

 

ビジネスの際も同じく、「信念」により負の「感情」が出て、「行動」に悪影響を及ぼし、良い結果が得れれません。

 

例えば、商品が売れないセールスマンの思考として、

信念(思考)=商品が良くないから売れない
感情=この商品をセールスしても相手に迷惑がかかる。嫌がれるかもしれない。
行動=相手の様子を伺ってばかりで、しっかりとセールスができず、案内する程度になる。
結果=売れない。何度営業しても売れない。

 

この「信念」を持っていては、その「感情」、「行動」になるので、売れません。
さらに負のループになってしまい、「やっぱり商品が良くないから売れないんだ!」と思考が強化され、また負の感情に繋がります

 

 

あなたがやるべきことは

この負のループを断ち切るには、営業のやり方を変えるのではなく、「信念(思考)」を変える必要があります。

 

ビジネスは全て、この「信念(思考)」を変えていくことで、感情が変わり、行動も変わります。そして良い結果に繋がっていくのです。

 

何よりも、「信念」となるあなたの「魂、情熱」を明確にし、ビジネスに落とし込むことで感情、行動が大きく変わり、良い結果を得ることができます。

 

 

メールセミナー2回目ワーク

1:あなたがビジネスをやる目的
なぜ、そのビジネスをしているのか

 

2:魂、情熱を持って取り組んでいることは?
魂からのゴールは?