マーケティング

競合分析をしてから広告を出すことで反応が劇的に変わる!

投稿日:

経営者であれば、おそらく行なっているであろう競合分析ですが、広告出稿の際はしっかり活かせているでしょうか?

フリーペーパーなどの紙媒体でも、WEB広告でも見かけるのですが、
「あまり競合分析をしていないな、、、」

と感じる事がよくあります。

普段は競合の動向を気にしながらも、いざ広告出稿となると、

自社の良さや売り(USP)を前面に押し出してアピールしたい気持ちは十分に理解できます。
これが間違っている訳でもございません。

しかし、そのUSPが競合他社と被っていたり、競合他社の方が良かったら、その広告からは成果が出るでしょうか?

フリーペーパーを見ても、隣に並んで競合と同じような広告が出ていたり、
ネット検索をしても、上位表示で同じような広告やランディングページを見かけます。

競合調査をしているのであれば、負けないくらいの目を引くような広告にしたいものです。

後出しジャンケンは当然の事ながら、後に出した方が有利です。広告の世界でも、競合が先に広告を出しているなら、ラッキーな事なのです。
それを調査した上で、上回るような広告にしなければいけません。

 

どうやって競合より良い広告にするのか

競合よりも良い広告にするには以下の3点に力を入れて下さい。

  • クリエイティブ
  • キャッチコピー
  • 信頼性

クリエイティブ

クリエイティブはより注目を引くものがベターです。
競合の中に広告が埋もれている訳ですので、注目を引く必要があります。

 

キャッチコピー

こちらもクリエイティブと同様に、注目を引く必要があります。同じ安さを売りにしている場合でも、コピーによって変わってきます。

例)安いiPhone修理店 → メーカーよりも最大1/10も安いiPhone修理店

 

信頼性

多くの人が信頼のできる人から購入したいと思っています。
お客様アンケートや、評価、実績、権威付けなどが有効的です。
また、店長やスタッフの顔写真を掲載するのも良い方法です。競合と比べて信頼できると感じてもらえるようにしましょう。

※価格ももちろん競合調査では欠かせない点です。競合よりも安い価格を打ち出す事も一つの方法ですが、利益を圧迫してしまい、値引き合戦になりかねません。出来るだけ値下げで競合に勝つのではなく、上記の3点を意識して競合よりも良い広告にしましょう。

 

競合よりも良い広告を打ち出したからOKではない

競合よりも良い広告に仕上げる事ができたと満足してはいけません。

必ず、テストを行ないましょう。

WEB広告であればテストは非常に簡単です。Aパターン、Bパターンと同時にテストを行なう事で、どちらの広告が良い物か判断します。

数回繰り返して、よい良い広告に仕上げて行く事で、競合よりも良い広告に仕上がるでしょう。

 

まとめ

広告を出す際は、必ず競合分析を行なう。

競合に勝る
クリエイティブ、キャッチコピー、信頼性
を打ち出す。

広告が決定したら、必ずテストを行う。
テストを繰り返す事で、費用対効果が高い広告に仕上げて行く。

以上となります。是非次回の広告からは実践して下さいね。

-マーケティング
-,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.