新次元セールスメソッド無料メールセミナー4回目

こんにちは!清水です。
今日はメールセミナー4回目をお届けします。

1〜3回目をまだ見ていない方は以下よりご覧下さい。

 

1回目:自己紹介と新次元セールスの概要、ひとり起業家が成功するには

2回目:魂、情熱が必要な理由

3回目:あなたの強みを活かすには

 

 

本日のテーマは

 

ひとり起業家が有利な市場を選び、新たな次元を創出する

「魂、情熱」などの内側と「強み」をお話ししてきましたが、今回は「市場」です。

 

公式の通り掛け合わせることで、成功できるビジネスに近づいてきます。
「魂、情熱」✖︎「強み」✖︎「市場

です。

 

市場選びがよくないと、せっかくの「魂、情熱」や「強み」を活かすことができません。
市場選びのポイントを解説していきます。

 

 

ひとり起業家が有利な市場を選ぶ

当メールセミナーを見て頂いている方なら、主にひとり起業家の方かと思います。
市場に関しても、ひとりで成り立つ市場なのかを選択しなければなりません。

 

薄利多売が必要な市場のビジネスモデルを選ぶと、ひとりではビジネスができません。
そこでオススメの市場をあげると、

 

  • ひとりビジネスで通用する市場
  • 高価値を高単価で取引されている市場
  • 今の流行に乗る
  • すでに売れている市場

となります。

 

ゼロから市場を生み出すことはハードルが高いので、既存の市場を選ぶことをオススメします。

 

 

市場選びのポイント

既に売れている市場に、あなたが発する新たな次元を提供することがオススメです。

 

売れている市場、商品にあなたの「魂、情熱」「強み」などから世界観を商品に落とし込み、独自のビジネスモデルを作成する!

 

例をあげると、LINE、Apple、スターバックス、こんまり先生です。需要が豊富な市場に新たな次元を見出し商品化したと言えます。

 

一つずつ解説していきます。

 

LINE

既にメールシステムは沢山ありました。携帯のキャリアメール、SMS、yahooやGmailなどのサービスなどメールを使っていない人は皆無といった状態です。

 

そんな中、スタンプの機能を盛り込んだLINEのメール配信サービスが提供され、それまでの携帯メールやyahoo、Gmailよりもメジャーなメッセージアプリになったのです。

 

これは、過去のメールシステムにはなかったスタンプでの会話を新しい次元(概念)として盛り込み、メールサービスを席巻したと言えます。

 

スターバックス

コーヒーを提供するお店は数多くありますが、なぜスターバックスはこんなにも人気なのでしょうか。

 

もちろん、美味しいからという意見もありますが、スターバックスが打ち出した次元(コンセプト)が多くの人の心を掴んだと言えます。

 

それは、「第三の空間」を提供したことです。

 

職場、家庭の他に、くつろげる空間をスターバックスが提供したのです。
仕事をする、趣味の読書をする、友達と話すなどの空間作りに力を入れました。

 

単に美味しいコーヒーのお店だけで選ばれた訳ではなく、第三の空間を提供するといったコンセプトが受け入れられたのです。

 

顧客の中にはコンセプトを知らなくても、そのコンセプトを元に作られたお店、デザイン、メニューに多くの人が共感し、今の人気にいたることには違いありません。

 

 

こんまり先生(片付けコンサルタント)

世界で最も影響力のある100人に選出されたこんまり先生。
単に片付けコンサルタントとして、整理整頓が上手いから選ばれた訳ではありません。

 

多くの人から選ばれる理由としては、こんまり先生の次元(世界観)にあります。

 

それは、片付けで物を処分する際に、手にとって、ときめく、ときめかないを基準に判断する方法を使ったことです。

 

その次元(観点)で片付けをしたことがなかったので、斬新な方法として多くの方に受け入れられました。この方法は論理的でもなければ、科学的でもありません。

 

感覚重視です。片付けは整理整頓でどれだけ的確にできるかなど物理的な要素があるイメージでしたが、それを一掃しました。

 

更に、海外の人たちを魅了したのは、ときめかず、物を処分することになった時に、感謝の気持ちを込めて処分することです。

 

日本人の僕たちからすると、物を大切にする文化ですので、処分する物に感謝の気持ちを持つことは不思議なことではありませんが、海外の人たちにはその次元(観点)で物事を見ていなかったので、それが感動を呼び、こんまり先生の片付けメソッドが人気になった要因とも言えます。

 

既に片付けや整理整頓の市場があり、テクニックやグッズなども多くありましたが、そこで戦うのではなく、そこに、こんまり先生流の次元(ときめく、ときめかないで処分するものを選択し、処分する時は感謝する)が受け入れられ、ヒットしたのです。

 

 

人気で売れている市場を選んだら、そこにあなたらしさを加えた新たな次元を商品やサービスに落とし込み、提供することで、共感共鳴した人がお客様になります。

 

既に需要がある市場を選ぶことで、売れない、単価が低い、顧客がいない、そんな状態にはならず、あなたの魂、情熱があり、強みを出すことで、他には無い価値を生み出すことができれば、あとは情報を発信し、共感する人たちに価値提供するだけです。

 

ここまで揃えばもう無敵状態です。

あとはオファーを整えていきましょう。

 

 

ワーク

1:あなたの提供する商品やサービスの世界観、価値観とは?

 

2:なぜ、そのビジネスをしているのですか?