マインドセット 起業

何をやってもダメな人がビジネスで成功するには?

更新日:

何をやってもダメな人もこれから成功できる

何をやっても上手くいかない、、、

そのように嘆いている人は本当のところ
やっていないのではないでしょうか?

確かに行動した。やってみた。トライした!

と言われても、成功した人からすれば
「それ、トライしたことにならないよ!」

と言われるかもしれません。
何をやってもダメな人が成功するには
以下の3つが必要です。

そして、そもそもの何をやってもダメ
マインドを修正しなければなりません。

 

1:継続すること

トライしてみたけど、ダメだったからすぐに諦める。
これでは、成功しません。

口を揃えて、やってみたけどダメだった!
と言う人の多くは、改善をしていないのです。

トライだけでなく改善まで徹底してやること

改善までしてやっと上手くいくはずが
その努力をしないため、
やってみてダメなら、また違う方法を試す。
そして、またダメなら違う方法を、、

この悪循環になってしまうと
何をやってもダメな状態になります。

なんでも、最初から簡単に上手くいきません。
ノウハウが活きるのは、
PDCAを何度もまわしてからです。

 

 

2:あと1歩の努力をすること

こちらは以前記事にもしましたのでご参考下さい。

参考記事:『ビジネスで早く成功するためのプラスアルファの努力』

 

図で見てもわかりやすいでしょう。
後1歩努力すれば、手に入ったかもしれないのに
諦めてしまえば何も手に入りません。

あと1歩の努力

 

3:何をやってもダメなマインドを修正すること

自分は何をやってもダメなんです、、、

と、自分で言う人も多く
それを思い続けると
そのマインドから抜けることができなくなります。

 

過去に実際にトライしてダメだった経験があったとしても
いつまでもそれを引きずっていては次の行動に移ることはできません。

マインドの改善方法としては
ポジティブマインドを持つ事。

失敗の捉え方を変えるだけでも
マインドを修正することができます。

 

他には、失敗の経験、ダメだった経験や
そう考えてしまう事を認めて許すことです。

自分に厳しい人ほど過去の失敗を
許すことができません。

それを糧に努力するマインドがあれば
次に成功が待っていますが、
何をやってもダメマインドの人は
その考えは無いでしょう。

 

そこで、自分の失敗やダメだった経験を
許して下さい。

 

イメージしづらい方は
他人の失敗で考えてみて下さい。

 

例:あなたの部下が仕事で失敗をしてしまい、怒ってしまったとします。
その後、部下は失敗を引きずって、仕事に身が入りません。

しかし、あなたが仕事の失敗について十分理解している事を部下に伝えて
許した場合と、何もアクションをしなかった場合では、どちらが
その後の部下の行動に良い影響を及ぼすでしょうか。

部下を許したケースの方が当然救われるのです。

 

この状況は自分自身の場合でも同じです。
自分の過去の失敗を許すことで、また次に進むことができます。

その上で、

失敗した事は悪い事ではない!
失敗した事で成功に一歩近づいた!
失敗してしまう方法を理解できた!

と、捉え方を変えて何度もトライすることができれば
成功は訪れます。

 

まとめ

順序は

③何をやってもダメマインドの修正

→①継続すること

→②あと1歩の努力をすること

 

の順で進めることで成功をつかみ取ることができます。
マインドを修正して、愚直にトライしましょう。

-マインドセット, 起業
-, , ,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.