マインドセット 起業

他人や環境に責任を結びつけていてはビジネスがうまくいかない

更新日:

なんでも他人の責任にして、
「自分は悪くない」
「自分には責任がない」

 

と責任をなすりつけていないませんか?

他責で物事を考えてしまうと、良い結果は生まれないのです。

 

他責にすることで良い結果が生まれない原因

チームで仕事をしているとします。
その中に、新人のスタッフがいて、彼はまだまだ仕事ができないとします。

 

もし、そのプロジェクトが上手くいかなかった場合、表面的にはチーム全体の責任と捉えていても、本心では、「新人スタッフが足手まといになった」と考えてしまう事はありませんか?

 

もし、そのような考えが、プロジェクトの最中に起こるのであれば、その考え自体が足手まといになっています。

 

「このままではプロジェクトが失敗してしまう。新人を上手く育てる事ができていない自分の責任だ。」

と考えがあれば、より良い方向に修正しようと努力します。

 

これは起業の場合でも同じです。

 

自分が起業できないのは、自分の責任では無く、他人や周りの環境の責にしていたり、
起業して上手くいかなかった原因も、同じ様に自責ではなく他責にしてしまう。

 

この感覚を持っていると、上手くいきません。
上手くいっていない状況を改善する事もできなくなります。他責にすることで、上手くいかない理由に納得してしまうからです。

 

今の現状を作っているのは、他人や周りの環境のせいではなく自分の責任である事を念頭に置いて仕事に取り組みましょう。

-マインドセット, 起業

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.