マインドセット 起業

起業の邪魔をするドリームキラーの正体と跳ね返す方法とは

更新日:

「ドリームキラー」をご存知ですか?
直訳すると、夢を殺す人です。

いわゆる起業を反対する人を指します。
私も起業前にはドリームキラーがいました。

起業前には必ず出くわすかもしれません。
なぜなら、ドリームキラーは身近にいるからです。

 

ドリームキラーの正体は身近な人であり親切な人

ドリームキラーになる可能性が高い人は
「親、兄弟、親戚、友達、妻(旦那)、彼氏(彼女)、職場の同僚、先輩、後輩、上司」などです。

 

身近な存在だからこそ、ドリームキラーになり得るとも言えます。
なぜなら、あなたの夢を壊そうとしている訳ではなく、親切心から起業を諦めさせようとしているのです。

よくある言葉は

  • 自分でビジネスをするのはそんな甘いものでは無い!
  • 急がなくても、もう少し考えて準備したらどうだ?
  • そんなんじゃ成功しないよ!職場でもトップクラスになってからでないと。
  • 家族がいるのに博打みたいな事をするのか?
  • 会社で安定して給料がいいんじゃないの?
  • 起業して10年後も生き残っている人は5%くらいだよ?
  • 今会社を辞めたら、周りに迷惑がかかるだろ!

このような言葉を浴びせられたら、起業のモチベーションも下がってしまいます。
なぜ、このような言葉が出てくるかといえば、大半は親切心からです。

大抵の方は自分の価値観、世界観から発言をします。そうでない場合は、一般論を話すでしょう。
このことから、起業した経験が無い人が大半をしめる世の中では、起業することはあまり良い選択では無いと認識しています。

この認識から、「起業=良くない」とイメージしており、良くない方向に足を踏み入れようとしている人がいれば、制止しようと親切心が働きます。

 

ドリームキラーの大半は、起業した経験もなければ、起業して成功した事もない人です。
その言葉に耳を傾けても良いですが、例えるなら、野球をしたことがないのに、野球のことをアドバイスしても、机上の空論や一般論を話しているに過ぎません。プロの経験者が語る野球と比べれば事実に大きな差があるでしょう。

 

もしドリームキラーからアドバイスを受けたら

厳しいかもしれませんが、ドリームキラーが発する言葉をそのまま受け止めて起業を諦めるくらいであれば、その程度だったと考えてよいでしょう。

なぜなら、ドリームキラーを跳ね返すほどの意思や目的があれば、誰が何を言おうと自分の夢に向かって突き進む事ができます。

しかし、モチベーションが低下する事はあります。その場合は、起業経験者や成功者、メンターと相談をしてみましょう。彼らが必ず良い言葉を発するとは限りません。甘い考えであれば厳しい意見も出ますが、より的を得たアドバイスを得る可能性は高いでしょう。

また、本当に起業したいのか、なぜ起業してそのビジネスをしたいのか。
ミッションやビジョンを明確にして、ドリームキラーの発言を跳ね返す覚悟や決意が必要です。

 

最強のドリームキラーは自分自身である

まさかと思われるかもしれませんが、最強のドリームキラーは自分自身なのです。
「起業したい!」「起業して成功したい!」と考えていても、潜在意識では、「失敗したらどうしよう」「自分には無理じゃないか」と思っている可能性があります。

潜在意識の方が強いため、いくら顕在意識で「起業したい!」と考えても、無意識の内にネガティブなイメージが出てきてしまい、結局行動がなかなかできなくて、起業準備のままになることがあります。

親や友人から起業を反対されて、すぐに諦める人はこの潜在意識が大きく影響している可能性があります。

 

僕も起業したいと思った時は結局、自分自身との戦いでした。
行動ができない要因(マインドブロック)を取り除いたり、やるしかない状況に追い込んだりすることで、潜在意識から本気で起業したいと思う事ができれば、決断も早く、行動できるようになります。

まずは自分の中のドリームキラーに気づき、何がブロックになっているのかを明確にしましょう。

-マインドセット, 起業
-, , ,

Copyright© Shimizu Office , 2018 All Rights Reserved.