起業

日本で起業することは他の国と比較しても恵まれた環境である

2018/01/12

起業に躊躇している皆さんへ。

タイトル通りの話をします。
日本で起業することは、他の国と比較しても恵まれた環境であることを理解して頂きたいと思います。

 

1、治安がよい 安全である

ビジネスを行なう上で、最も重要といってもよいでしょう。
危険な場所ではビジネスどころではありません。

また、発展途上国では、賄賂がはびこっているケースがあります。
政治家や地域を管理している組織、警察官などの公的組織と繋がっていなければ、ビジネスが難しいことがあります。

法治国家で無い国はまずありませんが、上記のように賄賂でなんとかなってしまう所でビジネスをすることは危険といえます。

 

2、インフラが整っている

日本の交通機関は世界で見ても、最も優れている国です。
どこにでも簡単に行く事ができ、時間も正確。

インターネットの環境も万全です。自分で環境を整えれば、ネットの質は良いので、どこでもインターネットができます。

 

3、教育環境が整っている

義務教育は勿論ですが、高校、大学、専門学校など教育機関が整っています。
世界に目を向ければ、小学校にすら、ろくに通えない国もあるのです。
ここまで環境が整っていて、ビジネスの軸となる勉強ができない訳がありません。

 

4、失敗しても這い上がれる

ビジネスに失敗したとしても、まだまだ仕事はあります。
仕事が無い国は沢山あるが、日本では溢れていると言ってもよいでしょう。
ただ、自分がやりたい仕事を選んで、無いと言っているだけです。
失敗して、一文無しになっても、再起はいくらでも可能なのです。

 

 

ここまで環境が揃っていて、起業に躊躇する要因は何でしょうか。
環境の責任にしているだけ、自分自身が原因ではないでしょうか。

-起業
-